ジョズエのひとりごと
jozuegoma.exblog.jp
  Top
カテゴリ:吉利( 11 )
|
|
2007年 04月 03日 |
日本では、生後100日目に
子供が一生食べ物に困らないように願って、
『お食い初め』という儀式を行うそうですね。

私は昔から「式」とつくものにあまり思い入れがなく、
自分の結婚式もやらなかった人間ですが、
子供関係となると話は違ってきて、
やってあげた方がいいのかなぁと思ったりします。

ただし、出来る範囲で(^^;)

今回のこの『お食い初め』は、
父親の血を継いで大食漢になりそうな気配濃厚な息子が
将来辛い思いをしないよう、是非やらねば!と思った儀式でした。

とは言っても、全てを正式にやろうとすると大変なので簡略式。
食器も食材も手に入るものだけで済ませました。
自然食品のスーパーで鯛の一種であるSnapperを購入。
久しぶりに大きい魚一匹まるごとを目の前にして、
一瞬怯みましたが、なるべく直視しないように洗い、
さっさと塩と昆布で覆ってしまいました。
c0011527_715815.jpg

そして、オーブンから出した後、
c0011527_762538.jpg

閉じていたはずの口が開いていて、ギョっとしました。(魚だけに)
画像で分かるかな~?

この塩を剥がすのに思いのほか苦戦したために
c0011527_712421.jpg

主役をほったらかしにして、ご機嫌を損ねる結果に。
よって、笑顔の写真は一枚も撮れず。残念!

祝い膳はこんな感じになりました。
c0011527_719989.jpg

写真に収め、同性の年長者である夫が息子に食べさせるマネをし、
さぁやれやれ、やっと食べられる!と魚の身をほぐしたところで、、、、

間違いに気づきました。

写真を見てすぐに間違いに気づいた方はエライ!
探せば小さな間違いは沢山あるかもしれませんが、
大きな間違いがあるんです。

*正解は*
御飯と汁物の位置が反対。

普段の食事でも気をつけているのに、
よりによって祝い膳でやってしまいました。
魚ほぐしてしまったから、写真の撮りなおしもできない。

まぁ、私たちらしいね・・・
と夫と二人で苦笑い。

それぞれの実家に報告写真を送るとき、
きっと指摘を受けるだろうと先回りして、
「逆にしてしまいました~」
とメールに書いたら、

「箸置きも無いね」
と返信が来ました。

OH MY GOD (~o~)

息子よ、逞しく育っておくれ!

おまけ
c0011527_16431140.jpg

主役の代わりに見事に食べ尽くしました。

*************
本記事でブログ通算300件!
<どこまで続くかな・・・?>
[PR]
by jozuegoma | 2007-04-03 01:00 | 吉利 |
2006年 05月 20日 |
先日は夫の誕生日でした。

今年は日付が変わる0時に上手く目が覚めたので、
(↑やっぱり寝てたのかいっ!という突っ込みはナシよ)
去年は失敗したドリカムの歌に挑戦しました。

だけど、、、、

途中から歌詞忘れちゃった!
思い出そうと思って何度も同じ所を繰り返しているうちに、
当の本人がふっといなくなり、
しばらくして戻ってきたと思ったら、
「あれ?まだ歌ってるの?」だって。
失礼な!

結局最後まで歌いきれなかったよぉ。
あんな短い歌なのに・・・。

そんな感じで始まった誕生日。

今年も多くの仲間に祝ってもらって嬉しそうでしたが、
お祝いコメントで目立ったのが、
「まだまだ若いよ」という慰め系。

私は男性の20代後半~30代前半は
一番魅力が溢れるかっこいい時期だと
勝手に思っているので、
夫が歳を重ねるのは結構嬉しいのだけど。

本人は三十路が迫ってきているということを
いやがおうにも意識させられて、
ちょっぴり沈んだ様子。

そこで私は、
「元気だしなよ!これからがイイ時じゃない!」
と肩をたたいたのですが、
何か違う?男女逆転?

ま、夫の方も口で言うほど気にしてないのでしょうが。

それから、
誕生日当日の夜に、台湾人の友人がわざわざ届けに来てくれた
プレゼントがこれ↓
c0011527_228856.jpg

台湾で実際に遣われている切符らしい。
c0011527_2291556.jpg

「成功」を「追」い、家内「安」全、末「永」く健「康」であるように
という意味でしょうか。

夫はこのプレゼントがすごく気に入っていました。
しかも3セット。

夫と私と将来の子供の分ということだそうです。

ありがとうね。大切にします。
[PR]
by jozuegoma | 2006-05-20 21:40 | 吉利 |
2006年 03月 09日 |
昨日、3月8日は妇女节(婦人の日)。
てっきり中国の伝統的な記念日かと思っていたら、
そうではなくて、国際婦人デーがもともとあって、
それを中国が取り入れたものらしい。

私の通う大学では、
妇女节の前日に女生节を祝う風習がある。

*妇女(結婚後の女性を指すことが多い)
*女生(女性のこと。ここでは特に若い女性、学生を指す)

女生节の3月7日、
各学部ごとに様々なイベントが行われるそうで、
大学のあちこちで、男女が楽しそうに集まって騒いでいたり、
レストランの円卓を囲んで一緒に御飯を食べている。

ある女友達は
「男子学生の方が、ワクワクしてて可愛いのよ~」
なんて言っていた。(照れ隠しかもしれないけれどね。)

男子学生が、女子たちに料理を作ってあげたり
することもあるらしい。

そして、これ↓
c0011527_9252350.jpg

体育会からの贈り物なんだけど、バラの花一本。
体育会に所属する女子たちの寮の部屋を
男子学生が一つ一つ巡って、花にカードを添えて渡す。
居ない場合は部屋の前に置かれている。

私は大学の外に住んでいるので、残念ながら、
部屋の前にバラの花が届けられるというロマンチックなことは
なかったけれど、頂けただけで十分嬉しかったな。

ちなみに男生节というのもあり、毎年11月12日だそうだ。
前日の11月11日が「一人身(独身)の日」なので、
その寂しい日が明けてよかったね、一緒に騒ごうよ!
という感じらしい。

普段は、勉強勉強で忙しい大学生だから、
こういうイベントも息抜きになっていいよね。
[PR]
by jozuegoma | 2006-03-09 22:19 | 吉利 |
2006年 01月 01日 |
新年明けましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願い致します。

今日は元旦早々、ソフトボールの集まりがありました。

1月末で日本へ帰国する留学生の送別会と
1、2月生まれの人の誕生会を兼ねていました。

実は私も祝われるうちの一人。

お正月から中華料理&ケーキでしたよ。
c0011527_17582994.jpg

名前が載っているので、
奇麗なままのケーキをUPできないのが残念ですが、
この画像は皆で入刀しているところです。

ケーキは過去最大でした。

味は・・・・

言わずもがな。
[PR]
by jozuegoma | 2006-01-01 17:59 | 吉利 |
2005年 12月 28日 |
昨夜は友人の送別会でした。
こちらでの生活も長くなってきたので、
すでに多くの方を見送りました。
(留学生は半年から1年で帰国します。)

これから3月にかけて
送別会が目白押しです。

寂しいですね~。

c0011527_2352174.jpg

お花が見事だったので、UPしておきます。
[PR]
by jozuegoma | 2005-12-28 23:03 | 吉利 |
2005年 12月 25日 |
c0011527_1439068.jpg




――――イブは楽しく過ごしたんですが、
      この後、片方のワイングラスを割ってしまったのです。
      
      代わりにいいことがあるよう祈りたい。

おまけ
c0011527_14565737.jpg


クリスマスだからか、いつもは居ない風船屋さんが街にいたので、
思わず買ってしまった。

日本代表ピカチューと、
寒い中頑張って風船売っているおじさんを応援したくて・・・
というのは大義名分で、
単に可愛かったから。

おい、何歳だ?私。
[PR]
by jozuegoma | 2005-12-25 14:40 | 吉利 |
2005年 12月 24日 |
クリスマス・イブですね~。

今日は夫も私も完全なオフなので、
寝たいだけ寝るぞーー!
と張り切って昨夜は眠りについたんですが、
朝の5時半に目が覚めてしまいました。

何でかなぁ。。。

クリスマスの朝で、
枕元にプレゼントがあるわけでもないし。

くぅ、残念。

とりあえずやることがないので、
PCの前に座ってみました。

すると、友人2人からクリスマスメールが届いていました。

1人は学生時代の友人。
今はアメリカに住んでいます。
アメリカではこの頃、クリスチャンでない人への
配慮から、Merry Christmasに代えて、
Happy Holidaysと言う人が増えているそうです。
クリスチャンである彼女は少し寂しそうでした。
これからはこの言い方が主流になるのかな??

もう1人は勤めていたときの同僚。
彼女はイギリス人で、
今は帰国してイギリスに住んでいます。
クリスマスは旦那様の国、ドイツに渡って家族と過ごすそうです。
彼女はHappy Christmas!と書いていました。

いろいろあるのね。

私は楽しいことなら何でもOKの無宗教なので、
特にこだわりがないけれど、
信仰のある人たちにとってはきっと重要な問題なんだろうな。

歴史的にも宗教関係で戦争が起こってしまうことが多かったものね。

無宗教の私がえらそうなことは言えないけれど、
信仰を持つのは構わないが、
それをお互いに相手に強制するのはやめるべき、
とは思う。

これは信仰に限らず、意見や考え、趣味にも言えること。

これからしばらくは海外生活が続くけど、
この点は注意していきたいな。
[PR]
by jozuegoma | 2005-12-24 06:16 | 吉利 |
2005年 05月 24日 |
本日、24日は私の弟の誕生日です。

大学時代、バイトをしていたレストランで、
同僚のおばさんが、
「5月生まれはイイ男が多いのよ。」と言い出した。

当然「何で?」と聞くと、
有名人の名を挙げ連ね、
「データがあるから」と自信満々に答える。
そこで、私の身の回りにいる5月生まれを見てみると、

今の夫(当時は彼)


・・・・確かにイイ男かも。へんに納得してしまった私。

(手前味噌、身内びいき、勘違い、
何とでも言っちゃってください。その通りですから!)

すると、おばさんは
「ほら、やっぱりそうでしょう?」と嬉しそう。
こうして2人で盛り上がっていると、
タイミングを見計らったように彼女が一言。

「そうそう、今日は息子の誕生日なのよ~」

その日は5月30日でした。。。

単なる親ばか&身内びいきコンビという訳で、
「5月生まれイイ男説」の根拠は何もなし!

時は流れ、以下、中国でのお話。

ソフトボール大会が近づいたある日から、
若いコーチが来ることになりました。
精悍な顔つきに、引き締まった体。頭脳明晰、スポーツ万能。
部員全員色めき立ちました。<すみません、私も。

その人が5月生まれだったんですね~。これが。
もしかしたら、イイ男説は国境をも越えた?!
と勝手に喜んでしまいました。

ばっかじゃない?と思った皆さん、すみません。
もう言いません。

最後にひとこと。
弟へ
お誕生日おめでとう!
[PR]
by jozuegoma | 2005-05-24 03:23 | 吉利 |
2005年 05月 17日 |
本日は夫の誕生日。
昨晩ふと、
「午前0時を過ぎたら~一番に届けよう~happy birthday×3」
というドリカムの『Happy Happy Birthday』の歌を思い出しました。

よ~し、こりゃ、0時ちょうどに実行するっきゃない!
と決めたのが、23時20分。
そのとき、夫は隣の部屋で勉強中。
邪魔してもいけないので、自分の勉強部屋兼寝室で
しばし待機・・・・

のはずが、次に気がついたときには
翌朝6時でした。。。
やってしもうた。
おやすみすら言わずに寝てしまった。

慌てて、寝ている夫を揺さぶり起こし、(←迷惑甚だしい)
「Happy Birthday」と言ってみるが、
朝が大の苦手で、たいていローテンションの夫は
「えっ?ああ、誕生日だっけ?年取ったな。ぐうぅ・・・(再び眠りへ)」

あまりにも味気ない。

本日の主役は、もともと誕生日自体に興味がないのでした。
そしていつもどおり学校に出かけていきましたが、
野球部の練習の後、思いがけず、
皆に誕生日会を開いてもらったみたいで、
結構まんざらでもなく、嬉しそうに帰ってきました。

私もささやかながら、好物のレアチーズケーキと
赤ワインを用意し、乾杯。
生クリームの種類を間違えちゃったので、
おいしいっ!という感じではなかったんだけど、
ま、OKとしましょう。気持ちよ、気持ち。

c0011527_2121138.jpg


これからの1年がますます充実した
楽しいものになりますように!
[PR]
by jozuegoma | 2005-05-17 20:07 | 吉利 |
2005年 03月 28日 |
今日は、前のクラスメートのLちゃんの誕生日。
日本食のブッフェレストランでパーティが行われた。

参加したのは、全部で15人ほど。
主役のLちゃんが英語圏出身なので、
自然と英語圏の友達が集まるようで、
パーティの間中、英語が飛び交っていた。
「OH、NO」な~んて感じで首をすくめるしぐさが
様になっていて、かっこよかったな。

ここはどこ?中国?日本食レストラン?アメリカ?

私なんか「yes」という所を「对啊」なんて口にしちゃってるもん。
頭のシステム混乱気味。

Lちゃんは今日で22歳。
若いなぁ。。
私、22歳の誕生日、何してただろう。
付き合っていた頃の夫と一緒にいたことは確かだけど、
どこに行ったか、何をもらったか忘れちゃった・・・。

何考えていただろう。
少なくとも、数年後に中国で生活しているなんてこと、
想像もしていなかったとは言える。

記憶って本当にあてにならない。
きっとその時々で、悩んだり、困ったり、嬉しかったり、楽しかったり、
考えていたことたくさんあったはずなのに、
全然覚えていない。

そして今いろいろ考えていることも、数年後には
すっかり忘れてしまうんだろう。

改めて、記録に残しておこう!と思った一日でした。

最後に、Lちゃんへ
生日快乐!
[PR]
by jozuegoma | 2005-03-28 23:36 | 吉利 |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Rainbow Skin by Sun&Moon