ジョズエのひとりごと
jozuegoma.exblog.jp
  Top
カテゴリ:ソフトボール( 15 )
|
|
2006年 09月 15日 |
8月末から9月初めにかけて、
北京で世界女子ソフトボール大会が行われました。
日本チームは、第2位で北京オリンピック出場権を獲得。

私がまだ北京在住だったら、絶対観戦に行っていたのになぁ。
ソフトボールの試合そのものだけでなく、
この大会には別の楽しみもありました。

元チームメート達がボランティアとして大会のお手伝いを
していたんです。
ボランティアといっても、きちんと志望動機や履歴書を提出して
選抜される形式で、私たちのチームからは3人が
選ばれて参加しました。

アメリカチームの試合の時はTVに映るのが
見られるかもしれないから、ちゃんとチェックしてね!と
言われていたのですが、
その時我が家にはTVがなく、
みんなの姿どころか試合も全く見られませんでした。
これは本当に残念・・・

大会が終わった頃、ボランティア経験をした子達から
メールが来て、現場の様子を報告してくれたのですが、
とにかくとても楽しかったようです。

世界最高レベルの試合を目の前で見られて、
ソフトボールの面白さと難しさを再発見でき、
これからの練習に身が入るといったものに加えて、
どの子も日本チームに非常に感銘を受けていました。

日本選手の試合に対する姿勢が抜群に素晴らしかったそうです。
ひたむきで一生懸命、最後まで明るく、諦めず、
ソフトボールに対しても相手チームに対しても敬意を払っている
様子が見ているだけで伝わってくるくらいだったそうです。

私が日本人だから気を使って褒めている部分もあるのでしょうが、
きっとそれだけではないはず。

1人の子は大のお気に入りの日本選手が出来て、
大会終了後の打ち上げで2ショット写真をお願いしたらしい。
その上、さっそく日本語の勉強を始めて、将来日本留学を
目指すそうです。

ここまで人に感動と影響を与えられるってすごいなと思いました。

ソフトボールの日本代表選手達はもちろん文字どおり、
日本の代表なんですが、
海外在住者だって、旅行者だって、外国の方々から見れば、
日本の代表になりうるんですよね。

それまで日本や日本人のことを良く知らない(誤解していた)
人が「日本人のこういう所がいい!日本に行ってみたい!」
と少しでも思ってくれるような影響を与えられたら嬉しいですね。
[PR]
2006年 05月 01日 |
日本と同じように、中国でもGWに入りました。

去年はこんな感じで過ごしたんですが、
今年もやはりソフトボールの集中練習に明け暮れることになりました。

連続6日、朝9時から11時半、午後1時半から7時
という強行日程です。

これは5月13日から始まる北京市の大会に向けての
直前集中練習なのですが、
実は今年は、この大会に参加するかどうかで直前まで揉めていました。

チームメイトたちには何の落ち度もないんだけど、
様々な外的要因からぎくしゃくし始めて、
試合参加、果てはチーム存続に対する危機まで
感じることになり、雰囲気が悪かったです。

その間、何度も話し合いが行われました。

私にも発言したいことが沢山あったんですが、
こういう時に外国語ってもどかしいです。
自分の頭で考えていることの半分も表現できないし、
口に出した内のどれくらいが(正確に)相手に伝わったかも
自信がありません。

ああ言えばよかった、こう言えばよかったという後悔が
家に帰って落ち着いた時に出てきて、
眠れない夜を過ごしました。(・・・過剰表現、ご容赦下さい)

でも、おととい29日になってようやく
チームの雰囲気が持ち直してきて、
充実したいい練習が出来るようになりました。

このまま続くといいなぁと今は願うばかりです。
[PR]
2006年 03月 26日 |
先々週から開催されていた
学部対抗ソフトボール大会が昨日で終わりました。

成績は第3位!(11チーム中)

大健闘したと思います。

チームのメンバーの殆どが初心者だったけれど、
試合を一つ経験するごとに上手になっていくのが
明らかで、一緒にやっていて楽しかったです。

昨日の試合後、皆は、
これからも定期的に練習を続けて、
来年も頑張るぞ!と言っていました。

大部分が大学一年生なので、
卒業するまで是非毎年、頑張って欲しいな。

そして、今日は朝の10時から
決勝戦が行われました。

両チームともにソフト部の仲間が
たくさん出場しているので、
カメラを持って観戦に行くつもりでいたのですが・・・・

朝方の4時に目が覚めて、
まだ早いからと2度寝をしたところ、
次に目が覚めたのは
11時過ぎでした。

試合終わりかけてる!!

残念ですが、泣く泣く諦めました。

自分で思っている以上に
身体には疲れが溜っているようです。

昨日友達のCongちゃんから
『宝刀不老』
という言葉を教えてもらいました。
<名刀は年をとらないことから、
歳をとっても腕には衰えのないことのたとえ>

名刀かどうかの真偽はさておき、
いずれにしても、回復力の衰えは隠せません。

今日は一日休養させて頂きます。
[PR]
2006年 03月 16日 |
週末は土日ともに試合があるので、
最近は普通の練習とあわせて、
週3回、ソフトボールをやっています。

筋肉痛も治る暇なく、次のが襲いかかって来ます。

それに加えて、今日は手のマメがつぶれました・・・。
左のは水ぶくれ (汚くてすみません)
c0011527_23423859.jpg

この歳にまでなって、手のマメをつぶすことになろうとは、
思いもしなかったです!

記憶が確かならば、小学生の時、鉄棒でつぶして以来。

そして、多分これが最後の経験となると思うので、
記念に撮っておきました。

こんな小さな傷なのに、熱いお湯や尖ったものに
触れると叫んでしまうほど痛いです。
早く治ってくれ~
[PR]
2006年 03月 11日 |
今日は

曇り→小雪→花びらのような大きめの雪→前が見えないくらいの雪
→晴天→微風→強風→砂嵐

とコロコロ変わる変な天気でした。
これが北京の春の特徴。

雪が降るくらいなので、気温もぐ~んと下がり、
冬物のコートを着ていてもブルブル震えてしまうほどの寒さでした。

そんな中、大学では、
学部対抗ソフトボール大会が開催されました。
c0011527_21535627.jpg

(こんな感じでやってます)

去年の様子 その1 その2

今年も同じチームの助っ人として
参加する約束をしていたのですが、
直前になって、監督の鶴の一声で、
別のチームに参加することになりました。

今年のチームは、経験者が1人だけで
後は全くボールに触れたことがない子達ばかり。

バットはどうやって持つの?
打ったらどこへ向かって走るの?
(知らない子は3塁に向かって走ろうとする)
スリーアウトって何?

そういう所からのスタート。

たった1人の経験者であるCちゃんは、
一生懸命みんなにルールを教えながら、
チームをグイグイ引っ張っていました。

私も知り合いのいないチームに
ポンと参加したので、最初は
どうしたらいいものか戸惑ったのですが、
試合が始まってしまうとなんのその、
皆とすぐに打ち解けて、楽しむことが出来ました。

やっぱりスポーツって、こういう所がいいよなぁ。

まずは初戦勝利 (^^)V

残り5試合+α
明日も朝9時から試合です。(早すぎ・・・)

明日はいい天気になるといいな。
[PR]
2006年 02月 27日 |
ソフトの練習の後、腰が痛いというYanちゃんを誘って、
マッサージに行って来ました。

このお店は我が家から一番近いところにあって便利なので、
1年ほど前に一度行ったことがあるのですが、
その時、パジャマに着替えなくてはいけない上に、
技術があまり良くなかったので、
それ以来行っていませんでした。

今回久しぶりに行ってみると・・・・
やっぱり駄目。

1.テレビを付けながらやっていて、お客よりもテレビに夢中。
2.力任せのもみ方。タダでさえ、筋肉痛が出てきて痛いのに。
3.営業精神ばっちり。延長を何度も勧められた。
4.内容の割りに値段が高い。(以前の約2倍)

過去ワースト3に確実に入ります。
マッサージ中、早く終わって欲しいと思っていましたもん。

Yanちゃんは人生初のマッサージ体験だったのですが、
やはりあまり気持ち良くはなかったようで、
微妙な表情でした。
デビュー戦なのに悪いことしちゃったなぁ。

新規開拓はまだ続きそう。
[PR]
2006年 02月 24日 |
もの凄くだるいです。
特に腿から下が。。。

今日からソフトボール部の練習が始まりました。
去年と同じようにちょっとぽっちゃりした仲間達と再会して、
一緒にボールを追いかけて来ました。

2ヶ月ぶりなので、
準備運動をしただけで息切れする者多数。

ある子が、「もう歳だから」と散々嘆いていたので、
「22歳くらいで歳って言うなー!!」
「少なくとも私の前で言うなー!」
と一喝しておきました。

これから週2回、また皆と一緒に運動が出来るので
すごく嬉しいのですが、
去年と違うのは、お気に入りのマッサージ屋さん
移転してしまったということ。

練習から帰ってきて、
身体が痛い~
足が動かない~
でもマッサージ行けない~
と騒ぐ私にストレッチを勧めてくれた夫。

それがまた痛いの、なんのって。

床に座って上半身を折り曲げるストレッチで、
上半身を折り曲げるどころか、座って足を伸ばした時点で
既に限界が来ている私。

今年こそ、身体がもつか心配・・・。
[PR]
2005年 09月 24日 |
毎週木曜日と土曜日はソフトボールの練習があります。

先週の木曜日から、私たちの練習場に
小学3年生の男の子が顔を出すようになりました。

お父さんがこの大学の教授なので、仕事をしている間、
男の子は野球をしに来ているようです。

この男の子、
真ん丸い顔とぽっちゃりした体、
くりくりお目目ですごく可愛いんです。
(サングラスで隠れているのが残念ですが)
c0011527_0413146.jpg

人懐っこくて、聞き分けがあって、
一生懸命野球をやる姿が愛らしい。

練習の合間に色々と相手をしていたんですが、
そのうち誰かから私が日本人だと言うことを聞いたらしく、

「ね~、日本人なの?本当に日本人なの?」

私の後ろをずっとくっついて来ながら、
10回くらい聞いて来ました。

そのたびに
「そうだよ、日本人だよ。君はどこの人?」
と答えながら、どんな反応をするのかなぁと見ていました。

私が日本人と分かってからしばらくは
ちょっとぎこちない態度(不思議そうな目)も感じられたんですが、
15分ほどすると、それまでと同じように
接してきました。

それからは家族のことや、学校のこと、
いろいろ話してくれました。

ところが、
続いて出た質問にびっくり!!

「日本会不会打中国?(日本は中国を攻めてくる?)」

ある程度予測はしていたものの、実際に
可愛い男の子の口から直接、こういう質問をされると、
少なからずショックを受けます。

「绝对不会打(絶対に攻めるようなことはないよ)」
と力を入れて答えたんですが、
もっともっと色々言いたかった。

中国と日本は仲良くしていきたいんだということ。
そしてそれがきっと可能だということ。
日本をよく知る前に
日本のことを嫌いになって欲しくないということ。

今日はすぐに話題が切り替わってしまったので、
これらのことを伝えられなかったけれど、
チャンスを見つけて、何とか話をしてみようと思います。
[PR]
2005年 09月 12日 |
しばらく運動をしないと、
身体は、本当に簡単に鈍るものだ。

そう実感しました。

5月末のソフトボールの大会を終えてから、
数回のテニスを除けば、
丸3ヶ月間、まともに身体を動かしていませんでした。

昨日は、学部対抗の慢投大会で
器材貸出しのお手伝いをするためにでかけたのですが・・・

まず、自転車。

マンションの自転車置き場の片隅に
2ヶ月以上も放って置かれた私の自転車。(→当然、パンク)

グランドまでの約15分が
非常に長く感じられました。ペダルも重い!

自転車こぐだけで、
何でこんなに疲れるんだろうって
不思議なくらい息切れしてしまった。

また、お手伝いの傍らキャッチポールをしてみたら、
暴投、暴投、暴投。

そして、今朝起きたら、
お腹、右腕、手のひら、あちこちが筋肉痛でした。

たぶん明日辺り、お尻やら足が痛むのだろうな。
(↑「老化した筋肉は1日遅れで痛み出す」の法則により)
[PR]
2005年 05月 15日 |
昨日と今日は北京市ソフトボール大会でした。
ゴールデンウィーク返上の厳しい練習も、
練習試合での悔し涙も、
全てこの大会で勝つため。

今日は朝6時に集合して、男子野球チームとともに
大型バスで会場である北方G大学へ行きました。

私達のユニホームは白地に青で大学名が書かれた上着と
真っ赤なアンダーシャツ。
そして身体にぴったりフィットする(=ピチピチ)のズボン。
お世辞にもあまりカッコいいとは言えないスタイルなんですが、
全員揃ったユニホーム姿というのはやはりいいものです。
自然とウキウキしてくるから不思議。

私は1番ショートで出場。
試合結果は3戦3勝!

1試合目  14対2
2試合目  27対1
3試合目  17対1

3試合目は夫の所属する大学のチームとの対戦でした。
日本でいう所の早慶戦ですね。
異様にライバル心が燃え上がるというか。
とにかくこのチームには絶対負けられない!と皆が燃えていました。

私は、GW中に痛めた左足を引きずって走るほど、前日まで
不安を抱えた状態だったんですが、当日になったらあら不思議!
痛みを感じませんでした。

チームメイト達にも
「老公(夫のこと)がいるからでしょ?」とか、
「興奮してる?」とからかわれましたが、
どうなんでしょう?
ま、無きにしもあらずってとこかな。
また、直前までマッサージ屋に通い詰めたのが良かったのかも。

そして結果は、違うスポーツの得点かと思うくらい大勝でした。
勝因はピッチャーの安定度と好調なバッティング。
我がチームのピッチャーはキャプテンのXちゃん。
技術があり、心も強く、安心して見ていられるんです。
そしてパッティングでは、我がチーム全員、
気持ちいいほどヒットをうちまくりました。
特にPちゃん(3/21の日記参照)はホームランバッターで
相手チームから、ソフトボールの特待生じゃないかと
間違われたくらい、すごかったです。

あ~、気分爽快!

これで優勝に向けて第一関門突破。
来週、再来週と決勝リーグです。
ファイト!
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Rainbow Skin by Sun&Moon