ジョズエのひとりごと
jozuegoma.exblog.jp
  Top
カテゴリ:生活(中国)( 74 )
|
|
2008年 02月 16日 |
我が家では最近急に、物が行方不明になるようになりました。
常に探し物をしているような感じです。

が、大部分はゴミ箱の中で発見されます。

これまでゴミ箱から救出されたのは、

テレビのリモコン
ハンガー
靴下(片方のみ)
入浴剤

そう、しでかしているのは息子。

これまではちょっと高めの位置においておけば大丈夫だったし、
手が届いても周りに散らかす程度。
でも、歩けるようになってから、一気にパワーUPしました。
何でも手に取り、運んでいます。
油断もスキもありません。

本日は、乾燥機の中から中華スープの素を発見しました。

保存食品の棚を開けていることは知っていたんですが、
まさか持ち出していたとは・・・・。

まだ他にも何か捨てられていないだろうかと
洗濯籠やゴミ箱をチェックをする私の側を
オタマを持った息子がスタコラ移動。

おーい、それを持って何処へいくーー!

エンドレスの予感。

実は現在、私の携帯が行方不明なんです。
昨日ゴミまとめて出しちゃったよ(TT)

家のどこかで発見されることを祈ります。

こんな時に限って(いや、いつもですが)充電切れの携帯。
困ったなぁ。
[PR]
2008年 02月 15日 |
日本に一時帰国していました。

夫と2人で、
「日本っていいな~便利だな~何でもあるな~」
とはしゃぎまわりました。

「お野菜が輝いているねー」
「見てみて、お魚!新鮮だねー」
「ヨーグルト、無糖があるよー」
「あ、納豆が凍ってない」

ローカルスーパーで興奮している私達をみて、夫の妹がぽつり。
「こんな小さなスーパーでこれだけ喜ぶってことは・・・
北京って何もないの?」

いや~あることはありますよ。たくさん。

でもね・・・(以下略)

私達が滞在している間、日本は毒入り餃子問題で大騒ぎでした。
ニュースを見ていると、自分達が何だかすごく危険な場所に住んでいるような
気になってきましたが、大丈夫ですよ。元気に生きています。

ただ、双方の家族に「北京に遊びにおいでよ!」
とお誘いしても、「ああ、まあそのうちね・・・」
と反応が曖昧です。

話は変わり、息子がとうとう歩きはじめました。
日本へ発つ前までは2メートルが最高。
片手をつなげば、力を入れなくてもしっかり歩けるのに、
手を離すとへなへな。すごく慎重派。

「もう歩くよ、すぐだよ」と周りから言われ続けて数ヶ月。
その日はやって来ました。

記念日は2月9日(肉の日)

1歳違いのいとこの影響を受けたのか、
遊んでいるうちに歩いていました。

本人も相当嬉しいらしく、歩いている時は
常に満面の笑み^^とても誇らしげです。

北京に戻ってからも、
c0011527_2342254.jpg

BSエアロビックを見ながらノリノリ♪です。
[PR]
2008年 01月 04日 |
2008年がスタートしました。

始まったばかりなんですが、
この2008という数字、もう随分と見慣れてしまって、
やっと今年がそうなのかという感じです。

そう、今年は北京オリンピック。

「大きなショッピングモールが出来た」
「そうか、オリンピックだもんね~」

「地下鉄の新路線が開通した」
「もうすぐオリンピックだもんね~」

「家賃が十数%上がるらしいよ」
「ああ、オリンピックだもんね。。。」

数年前から続く建設ラッシュ、インフラ整備、
物価上昇、サービス&マナー向上への取り組みは
全てこのオリンピックの為と言っても過言ではないでしょう。

街にも人にも活気があって、
皆で「オリンピック」を合言葉にお神輿担いでいるような気分。

ありがたくない変化も少なからずあるけれど、
ダイナミックに進化する現場に立ち会えるのは、
とてもラッキーです。
積極的にいろいろ経験したいなと思っています。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます!
[PR]
2007年 12月 27日 |
今年のクリスマス、日本からプレゼントが届きました。

息子の誕生日プレゼントかな?と思って開けると、
なんと私へのクリスマスプレゼント!嬉しーい\(^^)/

日本語教師の資格を取る学校に
通っていたときの仲間からの贈り物でした。

9月に北京まで遊びに来てくれたんですが、
北京滞在、「実質1日」というハードスケジュール!

その1日を使って、是非万里の長城へということで
向かったのですが、、、
c0011527_1354616.jpg

視界数メートルという悪天候でした。

天気がよかったらこんな感じなんですよ。
c0011527_13555423.jpg

また、その日は9月上旬だというのに、
ぶ厚いトレーナーがないと震えるほどの寒さ。

薄着の息子を抱っこ紐で連れてくるという無茶をする、
おバカな親など、悪条件が重なり、
早々に退散・・・・。
貴重な貴重な一日なのに、本当に残念でした。
今度、埋め合わせさせてくださいませ。

いつもとっても丁寧で筆まめなお2人。
節目節目にカードやお手紙を送ってくれるのですが、
今回も、ブログ楽しみにしてるよ~という励ましをもらいました。
更新、頑張りますね。

思いがけずクリスマスプレゼントを頂いて
あったかい気持ちになりました。

ところで、我が家のサンタさんはどうしていたのかというと・・・
仕事が忙しく、家に帰ってくることすら出来ませんでした。
今朝も1時間半の睡眠だけで出勤。

「メリークリスマス♪」と浮かれる私を他所に
「そうか・・・世の中はクリスマスだったのか・・・」とぽつり。

可哀想に・・・
忙しすぎてそれどころじゃなかったよね・・・

と同情する私に、

「まぁ、ケーキはちゃんと食べたけどね」という夫。

な~んだ、しっかり味わってるじゃないの!

どんなに忙しくても、疲れていても、
食べることは欠かさない、いやむしろ量が増えるタイプ。

危険です。来年には体型がサンタさんになっちゃう?
[PR]
2007年 09月 26日 |
ブログをほったらかしにして、随分と時が経ちました。
ここまで何もしないでいると、いざ再開しようと思っても
どこからどのように始めたらいいものか・・・
困ってしまいます。

毎日をただ平和に、でもどこか慌しく、
過ごしていたら、いつの間にか時は経っていました。

息子は生後9ヶ月となりました。

つかまりだち、高速ハイハイ、伝い歩きをマスターし、
急速に行動範囲を拡げています。
人見知りも始まり、
初対面の人の前では、泣きはしないものの、
顔(眉間辺り)にグッと力が入り、凝視します。

夜は9時ごろ寝て、朝は7時半ごろに起きる
生活リズムで安定しているのはいいのですが、
必ず夜中2、3時間毎に起きて授乳・・・。

朝まで熟睡したいという私の願いは
もう少し先までかなえられそうにありません。

ま、これまでの人生、寝すぎてた感がありますから、
帳尻が合っているのかも(--;)

8月末、日本へ一時帰国したときの息子です。
c0011527_12105629.jpg

クーラーのリモコンいじりに熱中しています。
[PR]
2007年 06月 27日 |
や~っと北京での新居が決まり、入居しました。

倉庫に預けておいた荷物も受け取り、
山盛りダンボール21個を前にため息をつきつつも、
通常生活に戻れる見込みがたち、ホッと一安心です。

この1ヶ月半もの間、
米・日・中の3カ国で、宿泊場所が7回変わったにも
かかわらず、どこでもよく寝てくれた息子に助けられました。

日本滞在中に寝返りをマスターし、
自分の目標物に向かって回転移動していく技を覚え、
ますます目を離せなくなりました。
(昨日はテレビのリモコンをかじり、地図をビリビリに破りました。)

子連れで戻ってきた北京はまた違った印象です。

以前は喧嘩相手だった(^^;)タクシー運転手や
デパートの店員が結構優しい。
荷物を持ってくれたり、商品を取ってくれたり、
ドアを開けてくれたり、クーラーの風を調節してくれたり・・。
びっくりしちゃいます。
相手によって態度が全然違うのね(笑)

どこへ行くにも息子を抱っこしているのですが、
100%の確率で声をかけられます。
嬉しい反面、煩わしいことも多いのが本当のところ。

これについてはまた今度書きます。
(そろそろブログ本格再開できるか?)
[PR]
2006年 06月 13日 |
昨日は日本vsオーストラリアの試合を観に、
大きなスクリーンのあるバーに行って来ました。

オーストラリア人の友達に誘われたのですが、
対戦相手と一緒に観る試合というのも
なかなか面白い。

c0011527_4225179.jpg

c0011527_4242562.jpg


オーナーがオーストラリア人なので、
圧倒的にオーストラリア側の応援が多かったけれど、
日本人のサポーターも結構頑張っていたので、つられて、
久しぶりに「日本チャチャチャ」をやりました^^

試合内容も結果も残念だったけれど、
楽しかったし、皆にお別れを言えたのでよかったです。

ただ、アメリカに行く私たちを慣れさせようと
試合前のディナーから友人たちがずっと
(日本語も中国語も話せるのにわざと)英語を使って話すので、
かなり疲れた・・・。

英語は現地に行ってから勉強すればいいやと思っていた私には
痛い愛のムチでした・・・(**;)

ここ最近は時間が経つのがすごく早くて、
北京生活も残り数日。
あ~、本当に引っ越すんだなぁ。
[PR]
2006年 05月 23日 |
ヘビースモーカーにとって、
この国は天国ではないかと思います。

レストランでも、公共の場でも
喫煙・禁煙の区別をしている所はほとんど見かけません。
(禁煙席はありますか?と聞くと変な顔をされます)

もちろん、路上で歩きながらタバコを吸うのはよく見かけるし、
周りにタバコを吸わない子供や女性がいても、
目の前で全く気にもせずスパスパ吸っています。

私の周りでは家族を始め、友達や同僚も吸わない人が多かったので、
こちらに来て、余計に目や鼻につくのかも知れませんが、
とにかく嫌です。

北京に暮らす外国人の中には
交通マナーの悪さ、大気汚染やタン吐きが嫌だと言う人が多いですが、
私自身一番許せないのが「喫煙マナーの悪さ」です。

以前、タクシーや長距離バスの中という逃げられない空間で
吸われた時には、息苦しさと怒りを抑えるのが大変でした。
何で見ず知らずの他人に自分の健康を害されなければいけないのか、
そしてどうしてそれを黙って我慢しなければいけないのかと。

吸わない人にとって、タバコは悪臭であるばかりでなく、
健康を害される恐れのある物質です。
時には暴力にも値すると思います。

今では、言える場面においては
「目の前で吸わないで頂けますか」とお願いすることにしています。
(日本でこんなこと言ったら、逆切れされて刺されそうなので怖くてできませんが・・・)

幸いにも「おぉ、しまった」という顔をしてすぐに火を消してくれる人が多いので、
どこかに悪いという気持ちはあるのでしょうか?

日本やアメリカのように、
喫煙者が換気扇の下やベランダ、喫煙室に篭るなど、
肩身の狭い思いをしている姿を見ると、
それはそれで可哀想だなと思うのですが、
非喫煙者の立場から言えば、断然、
中国でも「分煙活動」を進めて欲しいなぁと思います。

オリンピックに合わせてもしかしたら・・・
と淡い期待を持っています。
[PR]
2006年 05月 19日 |
ここしばらく、ブログ更新をサボっておりました。

サボっている間、何があったかというと、
まず、近所に嬉しい変化が2つありました!

一つは我がマンションの1階にマッサージ屋が出来たこと。

以前お気に入りだったお店も同じマンション群内でしたが、
別の棟だったので、徒歩5分ほどかかりました。
ところが、今度はエレベータを降りればすぐそこにある、という
素敵な環境。
値段は足1h 28元(420円)、全身1h 76元(1140円)と安いし、
中医の勉強をした10年キャリアの人なので、腕も結構いいです。

この2週間足らずの間に、既に夫3回、私2回体験済みでございます。

引越しまでの期間、みっちり通いまっせ~

2つ目の嬉しい変化は、以前果物の屋台があった場所
新たに野菜の屋台が出来たこと。

果物屋のおばちゃん達は向かいの屋根付き店舗に昇格しました。

3台目の自転車を失くして以来、歩きの生活を続けている私にとって、
市場に行くのはちょっと億劫になっていたし、
近所のスーパーでは例によって萎びた野菜しか売っていないし、
タクシーで街中のデパートに繰り出すのはちょっと頻度が少ないし、
というところで、よくぞ出来てくれました。

果物屋と同じように、応援させてもらいまっせ~

あと1ヶ月だけどね。
どちらのお店も、もう少し開店が早ければ、
完璧な常連になっていただろうになぁ。
[PR]
2006年 05月 02日 |
中国では、5月と10月の2回、GWがあるんですが、
この2つの休み中は、大学内の観光客がぐっと増えます。

1人の赤ちゃんに対し、両親、両祖父母の大人計6人などという、
現代の中国らしい光景にも遭遇することが出来、
とてもにぎやかで楽しい時期です。

ここ数日、とても暑い日が続いているので、
大学に噴水が設置されました。
c0011527_742338.jpg

涼しげでいいです。
c0011527_7422227.jpg

最初は怖々、水に近づいていく子供達も、
慣れてくると、きゃっきゃ騒いで楽しそう。
最後は皆揃ってびしょ濡れです。

今年は特に酷かった黄砂の季節にも終わりを告げ、
北京にも初夏がやってきたようです。
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Rainbow Skin by Sun&Moon