ジョズエのひとりごと
jozuegoma.exblog.jp
  Top
カテゴリ:生活(アメリカ)( 45 )
|
|
2007年 04月 01日 |
子供の頃、サザエさんの漫画で読んだ話を
久しぶりに思い出しました。
(知っている人いるかな?)

サザエさんが道を歩いていると、
通りすがりの人が
「おお、すごい美人だなぁ」
とつぶやく。

それを耳にしたサザエさんは上機嫌になり、
道端で水撒きの水をかけられても
カツオが悪さをしてもニコニコで許しちゃう。

そして、最後のひとコマで
その通りすがりの人が
「たった一言でこれだけ周りが明るくなるでしょう?」
とウインクするオチ。

当時も面白いなぁと思って読んでいたけれど、
今は更になるほどなぁと感心します。

目の前で同じことが起こっても
気持ちのあり方で受けとり方が全く変わってくるんですよね。

車の女性に温かい気持ちを頂いて、
私はすっかりサザエさん状態。

レジの人の愛想がなかろうが、
買ったオムツの袋が切れそうになろうが、
新しい服にさっそくヨダレをつけられようが、
ま~いっか、そんな日もあるよね~と思える。

更に人にちょっと手を貸す余裕まで出てきちゃう。
なんでもない小さなことだったけれど、
相手からすごく感謝され、
これまたいい気持ちになって帰ってくる。

もしかして、こちらの人は乗せ上手?
[PR]
2007年 03月 27日 |
雪が解け、春が来て、
コート無しで出歩ける暖かい日が多くなりました。
日もすごく長くなり、夜8時ごろまで明るいんです。

時を同じくして、起きて活動している時間が長くなった息子。
家の中で遊び相手をするにもネタが尽きて来たので、
外へ連れて出るようになりました。

つい先日も散歩がてら、近くのショッピングセンターまで歩こうと
息子を抱っこ紐に入れ、家を出ました。

少し歩いたところで、前方10Mぐらいのところに車が一台。
私とは反対方向に進んでいたのですが、
突然、窓から顔を出して、私の方にバックして来ました。

道でも聞かれるのかな?と思って待ち構えていると、
運転席の女性が私に向かって
"Do you need a ride?"
というではありませんか!

過去(某国で)、怪しげな男性に「乗ってかない?」と
声をかけられたことはありますが、
今回のように女性、しかも後部座席にはご主人と娘さんという
絵に描いたような安全な方たちに
「乗りませんか?」と言われるとは思ってもみなかったので、
変にうろたえてしまい、
"No, no, no・・・thank you"
とだけ答えました。

車が走り去った後、
「Baby連れで大変そうに見えたんだろうなぁ」
「わざわざ車をバックさせてまで声をかけてくれたんだなぁ」
と考えると、親切がじわじわと心にしみて温かい気持ちになりました。

ただ、
「カーシートも無いのにどうやって乗せてもらうんだろう??」
という疑問も同時にわきましたが。
私って可愛げない・・・?(^^;)

人に親切にしてもらうと、自分も人に親切にしてあげたくなるのが心情。
私にもそのチャンスが早速やってきました。
それについてはまた次回。
[PR]
2007年 01月 25日 |
息子との生活が始まって1ヶ月ちょっとが経ちました。

2時間以上連続で眠れない生活は続いていますが、
身体が慣れてきたのか、それほど辛くはなくなったし、
徐々に自分の時間を作れるようになりました。

出産前までは、

「写真付の育児日記をつけて一日一日を思い出に残そう♪」

な~んて、夢みていたんですが、
現実はそんなに甘くなかった・・・。

ゆっくりシャワーを浴びる時間もないよ!
優雅に日記をつける余裕があったら、寝たいよ!

というわけで、計画倒れでした。

幸いにも、グランマ(ばぁば改め)が1ヶ月の滞在レポートなるものを
残してくれたので、それを見れば、この1ヶ月の様子は
わかるようになっているのが救いです。

とにかく駆け抜けた1ヶ月。
これからはもう少し余裕が出てくるかな~

初登場です。
c0011527_2313987.jpg

[PR]
2007年 01月 20日 |
新年明けましておめでとうございます。

年越しの瞬間は、息子と実家の母と夫と
にぎやかに過ごす予定でしたが、
私と息子は夢の中でした。

確か、昨年もギリギリまで粘ったものの、
新年を迎える10分前に眠りに落ちてしまった記憶が。。。

子供を持つ身となっても、人間はそんなに変わらないのかな。

今年も相変わらず、気まぐれ更新ですが、
ブログはボチボチ続けていきたいと思っております。
よろしかったら、お付き合いくださいませ。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます m(_ _)m

さっそくですが、前回予告したとおり、
夫作の出産ドキュメントをUPします。

私は「Y」、夫は「T」、私の母は「ばぁば」として
お読みください。

以下、目次です。

*****************

出産前日~入院決定

無痛分娩のための麻酔を待つ

GOサインが出るまで

Push! Push!

息子誕生

病院での生活

退院

新米パパの失敗

*****************
[PR]
2006年 12月 29日 |
息子との新生活が始まって、10日が経ちました。

毎日成長する息子の様子と日替わりメニューみたいに
コロコロ変化する自分の体調に驚いたり、戸惑ったりしながら、
あっという間に過ぎたように思います。
一方で、いろんなことが起こったわりには
「まだ10日??」という感じもあるかな・・・。

先輩ママ達から聞いていたとおり、
想像以上に育児は大変です。
すごく楽しいですけどね!

日本から助けに来てくれた母と、
大学の冬季休暇中である夫の全面協力のおかげで、
何とか今日まで生き延びました^^

息子も超人的なスピードで元気に育っています。
10日目にして、ようやく一息つくことが出来ましたが、
息子を取り囲む3人の大人達は疲れがピークで、

とにかく「ぐっすり寝たい~」と切望している状態です。

日本や中国の友達にも
個別にご報告メールを送りたいのですが、
PC画面を長時間見ていると頭痛がするため、
ブログでの一斉発信となってしまう失礼をお許しください。
完全回復しましたら、頂いたメールにも
お返事できると思います。

出産前、毎日数時間PCに向かっていた私としては
自由にPCが出来なくて、もどかしい気持ちで一杯ですが、
今は我慢した方がよさそうです。

書きたいこともたくさんありすぎて、
何から書いていいか迷うのですが、
まずは、年明けから何回かに分けて
『出産ドキュメント』をUPしたいと思っています。

これは夫が自分達の記念&家族への報告として、
出産時の状況をレポートにまとめたものです。

長い&生生しい表現などがありますので、
見たくない!聞きたくない!という人は
気をつけてくださいね。

では、皆様、どうぞよいお年をお迎えください!
[PR]
2006年 11月 29日 |
先日のThanksgivingの画像を夫に見せたら、
「いいな~ターキー。食べたいな~丸ごと。」
とすごく羨ましそうに言うので、
Thanksgiving当日は我が家でも挑戦することにしました。

この時期はどこのスーパーでも簡単に、丸ごとターキーが手に入ります。
既に出来上がっているもの、生のもの、冷凍のもの、いろいろありますが、
我が家では先生のお勧めに従って、冷凍のものを買い、2、3日かけて冷蔵庫で自然解凍。
(1kg当たり約400円くらい。これは大体5kg)
c0011527_21221846.jpg

焼く前にオリーブオイル、ハーブ、ブラックペッパーを満遍なくつける。
その後、Turkey用サイズのOven Bagに入れる。
c0011527_21282667.jpg

これは、オーブンで焼く時間を大幅に短縮できるという優れもの。
使わないと4,5時間はかかるそうですが、これを使うと2時間でOK。
(ターキーの大きさにより、多少前後あり)

Oven Bagに小麦粉を入れて、Bagを振りながら
全体に小麦粉をまぶして、350Fに熱したオーブンへ入れる。

そして、2時間後・・・
c0011527_21354330.jpg

こんな風になりました!

本来は先生が作ってくれたように、
Stuffing(ターキーの中に詰めるorサイドに添えるもの)が
これに加わるのですが、
丸ごとターキーにしか興味がないという(何とも楽チンな^^)夫なので、
我が家のThanksgiving dinnerはこれだけ。

また、本来はGravy(グレイビーソース)をかけて食べるのですが、
我が家では、同じ味では飽きるからという理由で、
調味料を総動員して、自家製ソースを創作しながら食べました。

ターキー自体があっさりしているので、
カレー粉や豆板醤などで作ったソースもそれなりに合って
美味しかったのですが、2人が特に気に入ったのは、

「わさび+醤油」と「レモン汁+粒マスタード+マヨネーズ」のソース

2人では多すぎると思っていたのに、結構食べられたので、びっくりです。
最後はこんな感じ↓
c0011527_2251975.jpg

残った分はスープにしたり、サンドイッチにして食べるそうです。

アメリカのTVドラマ「Friends」にThanksgivingの場面がよく出てくるので、
食べてみたいなぁと思っていたという夫は大満足のようでした。
さっそく、「次はクリスマスのチキンだ!!」と予定を立てています。
c0011527_22165550.jpg

その日はちょうどテレビでその場面を再放送していました↑
[PR]
2006年 11月 23日 |
11月の第4木曜日はThanksgiving Day

アメリカの伝統的な祝日で、家族皆が集まり、
Turkey(七面鳥)の丸焼きやパンプキンパイを食べながら、
周りすべての人や物に感謝する日だそうです。
アメリカではクリスマスの次に大切な(にぎやかな)時期らしい。

先週、これに先駆けて、英会話クラスの先生が、
伝統料理を振舞ってくれました!
c0011527_23234892.jpg

迫力のターキー。ハーブがたっぷり。
c0011527_23251279.jpg

パンから右回りに
・Yam or Sweet potato(サツマイモ)を甘く煮たもの
・Green Bean(インゲン豆)にホワイトソースをかけたもの
・TurkeyにGravy(ターキーから出た汁を元に作ったソース)をかけたもの
・Corn Bread(とうもろこしパン)を使ったプディング
・マッシュポテト
c0011527_23241489.jpg

パンプキンパイ
c0011527_23253382.jpg

パンプキンパイ自体にスパイスがきいていて、
生クリームをたっぷりかけて食べます。

それぞれの料理に少しくせがあるので、
好き嫌いがあるみたいですが、私は気に入りました。

先生、ご馳走様でした!
[PR]
2006年 11月 20日 |
この時期に更新を停滞すると、
周りの皆さんに心配をかけるようですが、
私は元気にしていますよ~

週に何度か会っている、こちらの友達同士でも、
誰かが1日ヨガ教室を休んだり、散歩に参加できなかったり、
メールの返信が遅れたりすると、

「もう生まれたか?!」

と周辺が騒がしくなる。

人によっては、周りにいろいろ言われることが
プレッシャーに感じるそうなので、
私からはなるべく触れないことにしているけれど、
これまた人によっては、
誰にも気にされてないと寂しく思ったりもするそうです。
(う~む、人の心は難しい)

自分はどうかと言うと、
今のところ、「な~んにも考えてません」

あえて言うならば、漠然と
予定日より遅れることはあっても早まることはないだろうと
勝手に予想している(確信に近い)せいか、
まだ余裕があります。

準備も終わっていません(^^;

つい先日、夫が大学で、
教授の奥さんが予定日より3週間早く出産した
ということを聞いてきて、
そんなこともあり得るのか!?!?と
にわかに焦りを感じたそう。

うちは大丈夫、まだまだよ!

・・・・たぶんね。

更新が遅いのは、
元来の筆不精&ネット環境不安定によるものです。
書いておきたいことがたくさんあるのになぁ。

「よし、今日は書くぞ!」とPCの前に座っても、
ネット接続がぶちぶち切れるので、
とたんにやる気を失ってしまうんです。

でも、アメリカではこれからThanksgiving、
Christmasと大きなイベントがあるので、
出かけるときはカメラを持ち歩いて、
いい画像を狙っています。

気長にお待ちくださいな^^
[PR]
2006年 11月 06日 |
機能停止中だった携帯はその後どうなったか・・・

実は、水に落として携帯を壊したのは、
今回が初めてではありません。
前回は中国でトイレに落としました。

そこで、近くの携帯屋に持って行ったところ、
目の前で携帯をバラバラに分解し、
水分をふき取り、スルスルと元に組み立て、
見事に復活させてくれました。

そんな経験があったので、
今回も修理に持って行けば直るという気持ちでいたんですが、
実際に持っていってみると、

「水に落としたの?じゃぁ、もう駄目だよ。直らないね。」

とあっさり言われてしまいました。

「でも中国では・・・・」

と食い下がろうにも、とりつく島もなし。

結局、新しいものを買う羽目になりました。
一番安いものを選んだけど、約1万円也。
痛い出費でした。

純粋な好奇心として、
中国に行って、あの携帯屋のお兄さんに頼んでみたい。
彼ならきっと直せるだろうな~
[PR]
2006年 11月 01日 |
しばらく更新をサボっている間に
11月になってしまいましたね。。。

昨日10月31日はハロウィンでした。

日本でも年々、グッズが売られるようになり、
人気のあるイベントになりつつあるようですが、
本場アメリカでは、どうだったかというと、
やはり浸透具合が違うなぁと思いました。

だって、病院まで、仮装パーティ状態ですもん。

健診に訪れた私の目に飛び込んできたのは、

セーラームーン(←ちなみに男性)
ドラキュラ
魔女
etc.

病院のスタッフが皆、コスチュームを着て仕事をしているんです。

カメラを持ってくればよかったなぁと少し後悔しつつ、
受付を済ませ、診察室へ。

そして現れたドクターは

プーさんでした(^o^)

ドクターまで変装しているとは恐れ入りましたっ!

カメラ持参でないことを更に後悔したのは
言うまでもありません・・・
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Rainbow Skin by Sun&Moon