ジョズエのひとりごと
jozuegoma.exblog.jp
  Top
カテゴリ:グルメ( 7 )
|
|
2006年 03月 04日 |
数ヶ月に一度の割合で行っている、
北京の素敵なレストランを発掘しよう会(通称「グルメ会」)。
昨日は、第7回目が開催されました。

グルメ会の軌跡

①四川料理→②フランス料理→③フランス料理→④インドカレー
→⑤台湾料理→⑥中式精進料理→⑦四川料理

(初回①の様子はこちら

今週末、上海に引越しをされてしまうSAさんにとって最後のグルメ会。

SAさんは素晴らしい情報通で、
毎回、行くお店を提案して下さる方なんです。
グルメ会にとって、なくてはならない中心人物。

そして、04年9月に北京に来て以来、
一緒に中国語を学び、クラスメートとしてもよく遊んだ仲間。
いろいろな面で助けてもらった恩人。

送別会は今週日曜日に改めて開かれるんですが、
既に寂しいです。

四川料理で始まったグルメ会を、
四川料理で締めたいというSAさんのご希望通り、
最後を飾るに相応しい、素敵なお店でした。

 メモ:
 三里屯大使館街“金谷倉<Gold Barn>
 100元~シェフお任せのコース料理
[PR]
by jozuegoma | 2006-03-04 22:36 | グルメ |
2006年 01月 16日 |
今日は、大学の友達7人と
イタリアンディナーをしてきました。

連日で恐縮ですが、
今日も誕生日がらみ。
私ともう1人Sさんの誕生日パーティ。

とてもありがたくて、
とても嬉しいことなんですが、
こうやって何度も誕生日を祝ってもらうと、
いっぺんに5歳くらい年をとった気がしてきます。

素敵なプレゼントも頂きました。
私のイメージにぴったりだと選んでくれたそうです。
c0011527_1525816.jpg

白くてフワフワ?
c0011527_15320100.jpg

中には茶色のフワフワ??
c0011527_1533948.jpg

更に中には黒のフワフワ???

どんなイメージだろ?

いろんな場面で使えそう^^
ありがとう!SAさん!

そして、今日のケーキは濃厚なチョコレート。
c0011527_162925.jpg

8等分にした後もこの大きさ。

去年の秋に増えた2kgのうち、
1.5kgを3ヶ月かけて落としたのに、
また振り出しに戻りそうです。

太るのは一瞬なのに、
やせるのってどうしてこんなに
難しいんだろうか・・・・

と考えつつも美味しく頂きました。

c0011527_0573037.jpg

ピザもパスタもワインもすごくおいしくて、
イタリアンが大好きな夫が気に入りそうなお店でした。

で、その頃、夫は何をしていたかというと、、、、
友達とイヌの肉を食べていたそうです。

ぎょえ~。

今年の干支なのに、罰当たらない??
[PR]
by jozuegoma | 2006-01-16 01:00 | グルメ |
2006年 01月 10日 |
8日の日曜日、
久しぶりの本格懐石料理を食べて来ました。
c0011527_14305725.jpg

「お正月のスペシャル豪華コース」

あ、もちろん、
ご馳走して頂いたものです。
(自分達だけではとてもとても行けない・・・)

今回はある大会社の社長ご夫婦との
会食でした。

この方は以前、義父の部下だった方で、
10歳の少年だった頃の夫と面識があるそうな。

義父の知り合いなので、
失礼があってはいけないと
珍しく夫の方が緊張していたようです。

どんな飲み会でも
どんなにかしこまった会食でも、
目の前に美味しい物があれば、
しっかり食べて満腹で帰ってくることが
ポリシーの夫ですが、
今回は帰ってくるタクシーの中で、

「食べた気がしない・・・・」

とつぶやいていました。

でも私、隣でバクバク食べちゃって、
すっかり満足していました。

・・・・ごめん。

一応、私も緊張していたんですが、
社長ご夫婦の終始和やかでにこやかな雰囲気に
安心して、箸が進んだんです。

やはり、大企業のトップとなると、器が違います。
話題が豊富だし、親子ほど年が離れた相手にも
通じる話を分かりやすくして下さるし、
こちらの話にも興味深そうに笑って下さるし。

話しやすい雰囲気を作る!

これ、いざ自分がやろうとすると凄く難しいですよね。

自分が話題を提供しつつ、相手に気持ちよく話をしてもらい、
また、それに反応できるよう、自分の守備範囲を広げる。

これからの大きな課題です。

また刺激を受けた一日でした。

(すぐ忘れるのが私の悪いところなので、記録)
[PR]
by jozuegoma | 2006-01-10 20:52 | グルメ |
2005年 12月 21日 |
北京観光の記事を仕上げる前に、
昨夜トホホなことがあったので、
書いておきます。

夕食の材料を買いに市場に出かけると、
今までは気づかなかったんですが、
ワカメが売られているのを発見しました。
(それまでは日本から買ってきた乾燥ワカメを使用)

尿酸値を下げるには海藻類がいいらしいので、
さっそく購入。

自分自身が好きだというのもあるのですが、
メニューはワカメとキュウリの酢の物に決定!

一番最初にルンルン♪で仕上げて、
他の物を準備している間、
冷やしておこうと思いました。

そして、夫にも
「酢の物を冷やしてあるから、
 あとで忘れてたら言ってね。」
と保険をかけておいたところまではよかった。

だけど、
予想通り忘れちゃったんですね。すっかり・・・。

しかも夫まで・・・。

思い出したのは寝る直前の12時。

更にいけないのは、
冷やすために入れておいたのが、

冷凍庫

だったということです。

見事にかっちん、こっちん。
c0011527_1614553.jpg

(画像でわかるかな~)

急冷したいときは、冷蔵庫ではなくて冷凍庫にいれませんか?
ビールとかジュースとか。

前にもコーラを凍らせて、
ペットボトルが大変なことになってましたし。

いったい何度やれば気が済むんだ、、、。

その凍った酢の物はどうしたかというと、
食べましたよ。

急速解凍して。気合で。

でもまっずーい!!

3口で断念。

悔しいからブログのネタにすることにしました。
もちろん、反省の気持ちも込めて・・・。

これが最後の失敗ですよ、きっと。
[PR]
by jozuegoma | 2005-12-21 12:21 | グルメ |
2005年 12月 08日 |
これなんだか分かりますか?
c0011527_13312851.jpg


グレープフルーツ・・・ではないですよ。

これでは、イマイチ大きさが分からないと思うので、
比較のために、携帯を横においてみます。
c0011527_13323976.jpg


でかいでしょ?

バレーボールの大きさくらいあります。

これは「柚子」と書いて、ヨウズと読みます。
辞書で調べると、
ブンタンとかザポンとか説明されているんですが、
余計分かりにくいので、

私なりの解釈で行くと、

(↓日本の夏に出回る果物)
ハッサクの大きいバージョンです。

グレープフルーツより、果汁が少なく、
パサパサ感があり、皮をむきやすいのですが、
口に入れると、結構ジューシーで甘い。

一粒一粒薄皮をむきながら食べます。
私はこの、薄皮をむく過程が大好きで、
奇麗にむくために、ついつい夢中になります。

どの果物も剥いてあったら食べるけど、
そうでなかったら、自分からあえて食べない
と宣言する夫からみると、
究極に面倒くさい食べ物なんだそうですが、
私にとっては、これを食べている時が至福の時です。

ただ、夢中になって、1個を1人で食べてしまうと、
次の日大変なことになります。

ゴロゴロゴロ・・・・

この柚子を教えてくれたZMちゃんも
最初に忠告してくれました。

お腹をこわしやすいから気をつけて。

毎回その忠告を忘れて食べ過ぎてしまう、私です。
[PR]
by jozuegoma | 2005-12-08 13:47 | グルメ |
2005年 06月 02日 |
昨日は北京ダックを食べに行きました。
夫が何回か行ったことがあり、おいしいと太鼓判を押す、
「大蕫(ダートン)」に行く予定だったのですが、
予約がいっぱいで入れず、
急遽、別の北京ダック屋に行きました。

周りを見渡してみると、
小さい子供を連れた家族が多い。
家族連れに受けるお店なんだなと思いつつ、
よくよく考えてみたら、
6月1日は「儿童節(子供の日)」でした。
北京っ子の特別な日のディナーは北京ダックなのかな。
勝手な想像だけど。

ところで、私たちが注文したのは、
今が旬のスイカジュースと
北京ダックと
野菜炒めと
鴨の心臓焼き(←こうして書くと怖いかも)

味はまあまあでした。
ということで、
日本からのお客様を連れて来ることはないでしょう。

一応、初めて北京ダックの画像を撮ったので、
載せておきます。
ついでにスイカジュースも。c0011527_11172836.jpg

c0011527_11185325.jpg
[PR]
by jozuegoma | 2005-06-02 03:28 | グルメ |
2005年 05月 29日 |
久しぶりの日記です。
またブログにアクセスできなかったと言う訳ではなく、
ただ忙しい毎日を送っていました。
その間、ブログに書きたいこともいろいろあったんですが、
とりあえず、今日のことから。

先日、私たちの結婚記念日がありましたが、
特に何かをするでもなく、日常にまぎれて、
ふつ~うに過ごしてしまったので、
忙しさも一段落した今日、ゆっくりディナーでもと
お出かけしました。

といっても、歩いて5分の近所。
大通りからちょっと奥に入ったビルの地下にある
日本料理店。
前々から気にはなっていたんですが、
場所が場所だし、評判を聞いたこともないし、
見るからに人が入ってなさそうだし、
いまいち入ってみる気になりませんでした。

ところが、今日ふとその気になり、
仮にすごくハズレだったとしても
話のネタ(私にとってはブログのネタ)になるから
いっか!と思い、入ってみました。

実際にお店に入ると、意外と綺麗。
完全個室制で、椅子形式と掘りごたつ形式の部屋があり、
なかなか風情がある。

メニューを見てみると、
寿司、さんまの塩焼き、おでん、天ぷら・・・
お馴染みの日本食が並びます。
更にラーメン、スパゲティ、ピザ、キムチ・・・

あれ?何料理屋だっけ?

なんでもあります。
そして私たちが注文したのが「すき焼き」。
今まで「すき焼き風味」には何度か出会ったことが
あるのですが、本格的なすき焼きは
中国に来てこれが初めて。

すっかり嬉しくなって夢中になって食べました。
味も期待以上で◎。
値段は飲みものを入れて130元(約1700円)と
これもお手ごろで◎

「これは行きつけになりそうだね」
と満足してお店を出ました。

帰宅途中、工事現場を通りかかりました。
北京は今、建設ラッシュで至るところで工事をやっています。
働いているのは農村から出稼ぎに来ている人たち。
ちょうど彼らの夕食時でした。
彼らが食べているのは、鉄製容器に入ったお粥みたいなもの。
そして工事現場の横には彼らが生活していると思われる
プレハブが見えました。

これらを見て、胸の奥がキュっとしまりました。

彼らは辛い顔をしている訳ではなくて、
むしろ笑顔で生き生きと働いています。
そんな人達に対して、
決して可哀想という言葉は使うべきではないと思うんですが、
上手く言葉では表せないけれど、
なんともいえない悲しい気持ちがしました。

彼らの一ヶ月のお給料は平均600元(約7800円)くらいだと
聞いたことがあります。
そしてその大部分を田舎へ仕送りをしているそうです。

私たちが数日で消費してしまう金額です。

北京は、日本や欧米と変わらない発展した部分と
そうでない部分が混在しています。
中国全体を見ても、2つの差は広がるばかりで、
これは中国が抱える大きな社会問題の一つです。

これについてはいろいろ考えることがあるのですが、
長くなるので、また今度落ち着いてまとめます。
[PR]
by jozuegoma | 2005-05-29 03:24 | グルメ |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Rainbow Skin by Sun&Moon