ジョズエのひとりごと
jozuegoma.exblog.jp
  Top
2007年 02月 21日 ( 1 )
|
|
2007年 02月 21日 |
ハハウシがミルクを生産&絞り、グランマが搬送、
パパが哺乳瓶で飲ませるという供給ラインが出来ました。

この方法の良い点

①とにかく痛くない!
②パパが授乳に参加できて嬉しそう。
③多めにストックをつくれば、睡眠時間が確保できる。
④息子がどれくらいの量を飲んでいるか、はっきり分かる。

この方法の心配な点

①時々むせてしまい、苦しそう。
②哺乳瓶に慣れてしまうと、胸から直接飲むのを嫌がるようになるかも。
⇒実は、ドクターが我慢して続けることを勧めた最大の理由はコレです。

始めのうちは、供給量が需要量を大幅に上回っていたので、
冷蔵庫に並ぶストックを見ては、
「これ、売れそうだな~」と冗談を言ったり、
「これだけあれば、4時間は睡眠を確保できるぞ」
とニンマリしたりする余裕がありました。

が、しかし・・・・

そんなニワカ牧場経営も長くは続きませんでした。

もともと食欲旺盛だった息子。
哺乳瓶で飲むことにすぐに慣れ、むせることもほとんどなくなり、
こちらが2回分として用意した量も

「ゴクッ ゴクッ ゴクッ ぷはぁ~ おかわり!」

という感じで、あっという間に飲み終えてしまう。
マズイ!!このままでは生産が追いつかない!!と焦るハハウシ。
そして、焦れば焦るほど伸び悩む生産量。

結局、1週間足らずで需要が供給を上回りました。
供給ラインは限界。さて、どうするか・・・

産地直送に戻ることにしました。
(幸い、その頃には傷もほぼ癒えていた)

上記の心配点②に書いたように、
哺乳瓶に慣れた息子がどういう反応を見せるかが
少し不安だったのですが、
全く問題なしでした。

ドクターの忠告を若干気にしていた私でしたが、

「お腹をすかせた赤ちゃんが、それしかないと分かれば、
哺乳瓶からだって、胸からだって、何だって飲むわよ」


というグランマの言葉を信じて正解でした。
だてに3人も育てていませんね。

感謝、感謝です。
[PR]
by jozuegoma | 2007-02-21 07:56 | baby |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Rainbow Skin by Sun&Moon