ジョズエのひとりごと
jozuegoma.exblog.jp
  Top
2008年 06月 30日 |
ご無沙汰をしております!

長らく更新せず、御心配をおかけしていますが、
家族みんな元気です。

3月からず~~~っとブログにアクセスできませんでした。
前みたいにそのうち復旧するだろうと軽く考えていたら、
いつの間にか7月になっていました(^^;)

さすがにこのままではいけないだろうと突如思い立ち、
試行錯誤して、別のアクセス方法を試みたところ、
ログインに成功しました。
こうして記事を書けていますが、
実際にUPされた画面を見ることはできません。

どうなっているのでしょうか??

でも、とりあえず記事が書けそうだということが
わかったので、しばらくこの方法で書いていこうと思います。

何かおかしかったら、教えてくださいね^^
[PR]
# by jozuegoma | 2008-06-30 18:38 | その他 |
2008年 02月 23日 |
こんな感じ(ハハウシの苦悩①  需給と供給のバランス
で始まったハハウシ生活。
お役御免となる日が近づいてきました。

母乳育児にはいろんな説や考え方があって、

「栄養がだんだん足りなくなるから離乳食へ移行していくべき」
「母乳を欲しがっている間は母乳の栄養で十分だから心ゆくまであげたほうがよい」
「1歳を過ぎても母乳を飲んでるなんて・・・」
「何歳になっても欲しがるならあげてもよい。精神安定剤だから」

などなど。
時代、国、人が変われば意見もいろいろです。

どれが正解でどれが間違っているかなんて分かりません。
きっとどれもが正しいのでしょう。

いろんな意見を参考にして、自分で結論を出しました。
私と息子にはいいタイミングだと思うので、
来月いよいよハハウシ卒業します!

眠くてぐずった時も、
高熱を出して何も受け付けなかった時も、
飛行機や乗り物で大人しくして欲しい時も、

水戸黄門の印籠のように、
それを出せば万事解決できた最強のハハウシ生活。

印籠無し生活が少し不安でもありますが、
今は期待の方が上回っています。

卒業の時は母子共々涙、涙よ~
と言われているので、覚悟しなくては!
[PR]
# by jozuegoma | 2008-02-23 23:08 | baby |
2008年 02月 16日 |
我が家では最近急に、物が行方不明になるようになりました。
常に探し物をしているような感じです。

が、大部分はゴミ箱の中で発見されます。

これまでゴミ箱から救出されたのは、

テレビのリモコン
ハンガー
靴下(片方のみ)
入浴剤

そう、しでかしているのは息子。

これまではちょっと高めの位置においておけば大丈夫だったし、
手が届いても周りに散らかす程度。
でも、歩けるようになってから、一気にパワーUPしました。
何でも手に取り、運んでいます。
油断もスキもありません。

本日は、乾燥機の中から中華スープの素を発見しました。

保存食品の棚を開けていることは知っていたんですが、
まさか持ち出していたとは・・・・。

まだ他にも何か捨てられていないだろうかと
洗濯籠やゴミ箱をチェックをする私の側を
オタマを持った息子がスタコラ移動。

おーい、それを持って何処へいくーー!

エンドレスの予感。

実は現在、私の携帯が行方不明なんです。
昨日ゴミまとめて出しちゃったよ(TT)

家のどこかで発見されることを祈ります。

こんな時に限って(いや、いつもですが)充電切れの携帯。
困ったなぁ。
[PR]
2008年 02月 15日 |
日本に一時帰国していました。

夫と2人で、
「日本っていいな~便利だな~何でもあるな~」
とはしゃぎまわりました。

「お野菜が輝いているねー」
「見てみて、お魚!新鮮だねー」
「ヨーグルト、無糖があるよー」
「あ、納豆が凍ってない」

ローカルスーパーで興奮している私達をみて、夫の妹がぽつり。
「こんな小さなスーパーでこれだけ喜ぶってことは・・・
北京って何もないの?」

いや~あることはありますよ。たくさん。

でもね・・・(以下略)

私達が滞在している間、日本は毒入り餃子問題で大騒ぎでした。
ニュースを見ていると、自分達が何だかすごく危険な場所に住んでいるような
気になってきましたが、大丈夫ですよ。元気に生きています。

ただ、双方の家族に「北京に遊びにおいでよ!」
とお誘いしても、「ああ、まあそのうちね・・・」
と反応が曖昧です。

話は変わり、息子がとうとう歩きはじめました。
日本へ発つ前までは2メートルが最高。
片手をつなげば、力を入れなくてもしっかり歩けるのに、
手を離すとへなへな。すごく慎重派。

「もう歩くよ、すぐだよ」と周りから言われ続けて数ヶ月。
その日はやって来ました。

記念日は2月9日(肉の日)

1歳違いのいとこの影響を受けたのか、
遊んでいるうちに歩いていました。

本人も相当嬉しいらしく、歩いている時は
常に満面の笑み^^とても誇らしげです。

北京に戻ってからも、
c0011527_2342254.jpg

BSエアロビックを見ながらノリノリ♪です。
[PR]
2008年 01月 04日 |
2008年がスタートしました。

始まったばかりなんですが、
この2008という数字、もう随分と見慣れてしまって、
やっと今年がそうなのかという感じです。

そう、今年は北京オリンピック。

「大きなショッピングモールが出来た」
「そうか、オリンピックだもんね~」

「地下鉄の新路線が開通した」
「もうすぐオリンピックだもんね~」

「家賃が十数%上がるらしいよ」
「ああ、オリンピックだもんね。。。」

数年前から続く建設ラッシュ、インフラ整備、
物価上昇、サービス&マナー向上への取り組みは
全てこのオリンピックの為と言っても過言ではないでしょう。

街にも人にも活気があって、
皆で「オリンピック」を合言葉にお神輿担いでいるような気分。

ありがたくない変化も少なからずあるけれど、
ダイナミックに進化する現場に立ち会えるのは、
とてもラッキーです。
積極的にいろいろ経験したいなと思っています。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます!
[PR]
2007年 12月 27日 |
今年のクリスマス、日本からプレゼントが届きました。

息子の誕生日プレゼントかな?と思って開けると、
なんと私へのクリスマスプレゼント!嬉しーい\(^^)/

日本語教師の資格を取る学校に
通っていたときの仲間からの贈り物でした。

9月に北京まで遊びに来てくれたんですが、
北京滞在、「実質1日」というハードスケジュール!

その1日を使って、是非万里の長城へということで
向かったのですが、、、
c0011527_1354616.jpg

視界数メートルという悪天候でした。

天気がよかったらこんな感じなんですよ。
c0011527_13555423.jpg

また、その日は9月上旬だというのに、
ぶ厚いトレーナーがないと震えるほどの寒さ。

薄着の息子を抱っこ紐で連れてくるという無茶をする、
おバカな親など、悪条件が重なり、
早々に退散・・・・。
貴重な貴重な一日なのに、本当に残念でした。
今度、埋め合わせさせてくださいませ。

いつもとっても丁寧で筆まめなお2人。
節目節目にカードやお手紙を送ってくれるのですが、
今回も、ブログ楽しみにしてるよ~という励ましをもらいました。
更新、頑張りますね。

思いがけずクリスマスプレゼントを頂いて
あったかい気持ちになりました。

ところで、我が家のサンタさんはどうしていたのかというと・・・
仕事が忙しく、家に帰ってくることすら出来ませんでした。
今朝も1時間半の睡眠だけで出勤。

「メリークリスマス♪」と浮かれる私を他所に
「そうか・・・世の中はクリスマスだったのか・・・」とぽつり。

可哀想に・・・
忙しすぎてそれどころじゃなかったよね・・・

と同情する私に、

「まぁ、ケーキはちゃんと食べたけどね」という夫。

な~んだ、しっかり味わってるじゃないの!

どんなに忙しくても、疲れていても、
食べることは欠かさない、いやむしろ量が増えるタイプ。

危険です。来年には体型がサンタさんになっちゃう?
[PR]
2007年 12月 22日 |
これまで息子にとって本は、
「棚から落とすもの、舐めるもの、破くもの」でした。

読んであげても、大人しく座って聞いているなんてことはなく、
本の上に乗ったり、他のおもちゃの方へ行ってしまったり、
まるで興味がない様子。

自分が小さい頃、母からしてもらったように
いずれは寝る前などに本を読み聞かせたいなぁ
と思っているのですが、
「まだ早いかも。ま、そのうちね。」
と、破かれたページをセロハンテープで補修し、
落ちて散乱した本を棚に戻す日々。

が、ここに来て、息子に変化が!

自分で本を手に取り、
器用にページをめくるようになりました。
親指と人差し指で1ページずつつまんで、
折り込んだページもちゃんと開いて、
中の絵を指差したり、時折声を上げて笑ったり。

本当に読んでいるかのよう。

その姿がとても様になっていて可愛く、
本人も楽しそうだったので、
しばらく遠くから眺めた後、近づいて、
「1人で本読んでるの~?すごいね~」
と覗き込んだところ、

本の上下が逆でした(笑)

その後何度も目撃したんですが、
不思議なくらいに、毎回上下逆!

コントみたいで面白いから、しばらくそのままにしておこうかな。
[PR]
# by jozuegoma | 2007-12-22 19:55 | baby |
2007年 12月 20日 |
息子は1歳になりました。

誕生時のブログを読み返したり、
これまでの写真を眺めてみたりして、

あ~こんなに小さかったんだなぁ
あ~こんな事もあったなぁ

と色々と懐かしく思い出しました。

この1年はとにかく無我夢中で過ごした気がします。
可愛いなぁと目尻を下げて幸せを噛み締める・・・
な~んて時間は1日のうちで10分あるかないかで、
ほとんどの時間は、

それ授乳だー、離乳食だー、オムツ替えだー、
お出かけだー、お風呂だー、

とお世話に明け暮れ、
やっと寝かしつけた時には自分もぐったり。
慢性疲労感や睡眠不足との戦いでした。

世の中のお母さん達は皆こんな道を通ってきたのか?
それとも私の要領が悪いだけ?

息子は意味もなくぐずることはないし(要求が分かりやすい)、
身体的にも順調にすくすくと成長し、
たぶんすごく育てやすい子なのだと思います。
また、周囲に多くの理解と助けがあり、
育児環境にも非常に恵まれているはずなのに、
何故か毎日余裕がない自分が情けなくなったりもしました。

でも、、、なんとか無事に親業1周年を迎えました。

1日1歩♪3日で3歩♪3歩進んで2歩さがる♪
という歌のように、少しずつですが、着実に前に進めていると信じて、
親業2年目、頑張ります(^^)/
(あ、ブログ更新もね!ぼちぼち)

最後に息子へ

生まれて来てくれてありがとう!

c0011527_21111590.jpg

[PR]
# by jozuegoma | 2007-12-20 00:19 | baby |
2007年 12月 04日 |
今月1歳を迎える息子。

母乳の免疫が切れる生後6ヶ月頃から
風邪を引いたり、大小様々な病気を経験するもの
と耳にしていたので、いつ来るか、いつ来るか、
と心構えをしていましたが、
幸いにもこれまで元気一杯で過ごしてきました。

このまま1歳を迎えるのかな~

と思っていたら、
ある日突然、高熱を出しました。

明け方5時頃、横で寝ている息子に触れたら、熱い!
体温計で測ったら39.6度。
乳幼児は平熱が元々高めなので、40度ぐらいまでは
よく出るものらしいのですが、
初めての経験でこの数字は驚きます。

朝一番で病院に電話しました。
大変忙しい先生なので、
そんなにすぐには診てもらえないだろうと思っていたのですが、
「1歳未満、高熱」という点が重要だったらしく、
すぐに診察しましょう、とのこと。

診察の結果、「突発性発疹」の疑いでした。
これは1歳までの乳児がかかりやすい病気で、
「3、4日高熱が続き、熱が下がった頃、全身に赤い湿疹が出る。
湿疹は2,3日で消える。高熱以外に症状がなく、
元気であることが多い。比較的心配の要らない病気」だそうです。

まさにその通りの症状、経過で
ぴったり1週間で完治したのはよかったのですが、
元気があったのは最初の1,2日、しかも解熱剤で熱を下げたときだけ。
後はずっと辛そうで、寝るにも寝られないし、起きている間はずっと抱っこ。
こんなに抱っこしたのは、生後1,2ヶ月の時以来かな~

普段は、1人でもご機嫌で遊んでくれるハッピーボーイで、
抱っこしていても、興味の対象を見つけたら、
「おろせ!おろせ!」と腕と脚をつっぱる子なのに、
1日中クタ~と私にひっついて抱かれている様子は
本当に辛そうで可哀想でした。

いつも、夜中に何度も起こされて
母親業って大変だーと思っていたけれど、まだ甘かった。
病気の時は一睡も出来ないのね・・・。

健康であることは本当にありがたいと実感した1週間でした。

息子が完治した後すぐ、マッサージ屋に駆け込んだのは言うまでもありません。
[PR]
# by jozuegoma | 2007-12-04 14:11 | baby |
2007年 10月 13日 |
毎日欠かさず書く育児日記は難しいけれど、
『初めて○○をした日』はなるべく記録に残したい。

初めて寝返りをした日
初めてお座りが安定した日
初めての歯が生えた日
初めてつかまり立ちをした日

どれもが記念日だけれど、

「初めて歩いた日」はちょっと特別のような気がします。
で、我が息子はどうやら「10月9日」のようです!

たぶん・・・・

断定しきれないのは、
本当に歩いたと言っていいのか判断しかねているからなんです。

一緒にお風呂に入っているとき、
息子はいつものように浴槽の淵に両手をついて遊んでいました。
(お湯は半身浴にもならないくらい少なく、
足元だけ湯に浸かりながら、つかまりだちしている状態)
私は普通に湯に浸かっていました。
(横向きの息子を見ている状態)

すると、息子は私の方を向いて
パッと浴槽の淵から手を離し、
右足、左足と動かして前進し、
両手を広げて私に抱きつきました。

距離にしてたった数十cmですが・・・。
これは歩いたと言ってよい?
まだ確実ではない?

初めての寝返り目撃を夫に譲ったので、
初めての一歩は何が何でも私が見届ける!
という執念が判断を甘くしているかもしれません。
[PR]
# by jozuegoma | 2007-10-13 17:25 | baby |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Rainbow Skin by Sun&Moon